ショウールーム お問い合わせ・Q&Aブライダルトップ

撮影日誌


   記入 者 松岡俊明 日付 2月 29日


もう春もそこまできています。
新婦さんにとって嬉しい暖かさです。
今日は梅田の真ん中のホテルでの撮影です。
キュートなかわいいお嫁さんにお似合いの
クールな新郎さん。
普段は花嫁重視の撮影を得意としている
カメラマン、今日は趣向を凝らして新郎メインの
アングルでも迫ってみました↑。
いかがでしょう?
マニュアル的ではなくお2人に自然に溶け込むような
アングルを見つけ出すこと、これが
カメラマンとしてのやりがいでもありますし
フォトスタジオ写楽の真骨頂です。ウフッ。

   記入 者 松岡俊明 日付 1月 18日
結婚式のスナップとしてはことし最初のお仕事です。
前日の寒さとは打って変わって、まるでお2人を祝福するような
ポカポカ日よりの一日でした。

いつものように絶好調で撮影していき、披露宴も大詰め!
いよいよオオトリを迎えようとしています。
「次はどんな方かのぉ?」と前方、高砂の左右の祝辞用のマイクを
狙っていたのですが、そこに近づいて来る方は居られないようなんです。
「・・・・」
な、なんとオオトリは高砂の壇上に居られたのでした!
新郎様の、新婦様に捧げる愛の熱唱が、会場を感動の空間へと
いざなって行ったのでした。「♪君のことを、守りた〜い♪」

新郎、新婦ご本人が何かアクションする披露宴、ご両親
やご親族、お友達との距離を一気に縮め一体感を高めます。
これからご予定のみなさん!ご自身で何か出し物考えて見られては?

   記入 者 松岡俊明 日付 6月 23日

うっとおしい雨が続いております。
雨が降ろうが槍が降ろうがお客様のご依頼があれば、いつでも
どこへでも出動します!ことしもレイニーウェディングも数多くこなして
きました。これからもみなさん、よろしく!
さて、今回登場のお客様はお二人のお気に入りの場所で結婚式を
挙げられまして、カメラマンも遠路はるばる撮影に赴いた次第でございます。
ロケーションを最大限に利用して、心に残るフォトアルバムを制作させて
いただきます!またまたそのお客様からのお手紙を掲載させていただきました。


私はプロの方にとってもらうのは初めてでしたが、友人の結婚式などで、プロの
方の仕事ぶりを何度か見たことがありました。

    
でも、今まで見た方たちとは全然違っていました。
一度しかない結婚式の一分一秒も無駄にしない時間の使い方や、撮影場所やポー
ズをてきぱき指示してくださって、本当に素晴らしかったです。
友達や家族や親戚の写真まで撮っていただけたし、最後の最後までおつきあいく
ださって本当にありがとうございました。
                         
みんなの笑顔を引き出すのがお上手で、「大爆笑いきましょう!」といわれたら

みんな思わず笑ってしまいました。
きっときっと、楽しそうなみんなの顔がいっぱいのステキな写真になると思いま
す。とっても楽しみです!!
全然まだ予定はないんですが妹たちも「松岡さんに撮ってもらいたい」と言って
いましたので、その際はどうぞよろしくお願いいたします。

最後ばたばたしていて、ちゃんと二人でお礼が言えなくてすみませんでした
長い長いあいだおつきあいくださって本当にありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
写真のできあがるのがとっても楽しみです。

フミ


   記入 者 松岡俊明 日付 2月 1日


年も改まり、フォトスタジオ写楽のスタッフも心、技、体ともに
リフレッシュです。今日も元気に撮影に出発です!      
      
   
新郎様、新婦様のなれそめはお2人の学生時代のクラブ活動
がご縁ということで、学生時代のお友達からの祝福を数多く頂き
感慨無量のご様子でした。                      
お友達の暖かい、なおかつ面白おかしいスピーチにお2人の
表情もいつしか満面の笑みに包まれます。その表情を逃さず
フィルムに焼きつけました。良い表情はやっぱり良い写真を
作ります。カメラマンはその瞬間を待っておりますので、
みなさんも思いっきり、笑って泣いてくださいネ!       

   記入 者 松岡俊明 日付 12月 7日

きょうはあいにくの雨。撮影地の港神戸の雰囲気もすこし寂しげです。
ところがどっこい!アツアツムードのお2人はしあわせ気分で、はちきれそう!
荘厳な神前挙式から始まり、盛りあがった披露宴のお開きまでにお嫁さんは
なんと4回も衣裳替え!白無垢、色打掛、ウェディングドレス、カラードレスと
婚礼衣裳フルコースを堪能されておられるようでした。
もちろんカメラマンも、その艶やかなお姿を余すところなく激写!!
気合が入ると、いきおいフィルムも撮影済みになるのが早い早い!
きょうはチョット撮り過ぎかな?ぐっふ。
   

   記入 者 junko 日付 1月 31日
さあて去年印象深かった挙式・披露宴を振り返ってみますと・・
 
「冬の夜長に思うこと、いろいろ」と題しました
 
  1. 「花嫁の靴」
皆さん、当日初めて履くんですよね。
サイズ大きめなんですよね
そして合わないと、つめものをしていらっしゃいます
かかとの高い靴に詰め物・・
長時間になるのでお色直しぐらいになって我慢できない人
います。痛いのわかるのでかわいそう〜
ホテルとかだと何か詰め物あるのですが、他はないかもしれません。
つめた時、楽なものを用意しておかれた方がよいかもしれません。
 
  2. 「光ものパウダー」
ちょっとはやりの目元・ホッペにきらきら光るパウダー、特に目の上に
つけてもらうときはご用心!
固まってつけると、礼式写真撮ったらただのゴミだったりして・・
披露宴直前までつけすぎないほうがいいかも・・
 
 3. 「指輪入りませんよ」
昨日まで入ったマリッジリング。当日は何と半分くらいの人が指に入らない
のです。緊張と体調がベストでないゆえ、指が膨張しているのでしょうか?
でもあせりは禁物!神父様は入らなかったら自分でこっそり入れなさいと
言いますが、とりあえず真ん中まではゆっくり入れ、その後は余裕の笑顔
できりぬけましょう。あせるなかれ!
 
女性の視点で誰も書かない事項を思いつくまま書いてみました。
 


   記入 者 渡辺宗規 日付 11月 3日

今日はあいにくの雨。二人の晴れの門出にはやっぱり晴れてほしいもの。
でも天候だけはお二人の思い通りにはなりません。
さて、今日の新郎新婦は雨の憂鬱さを吹き飛ばすような明るいお二人。
特に新郎の笑顔はとてもさわやか。撮影していて気持ちいいくらいでした。
披露宴ではいきなり映像でのオープニング。招待されている人達もこれに
はびっくりされたようです。僕も思わず見入ってしまいました。
また悪友(?)たちには過去が暴露され、新婦の知らない一面がまた見え
たようです。
これから結婚される新郎さん、余興の時は気をつけましょう・・・

   記入 者 松岡俊明 日付 8月 4日

みなさ〜ん、おげんきですか〜!?             
ぎらぎら照りつける太陽が暑い夏を象徴しています。 
最近の結婚式はオールシーズンでおこなわれます。 
結婚式独特の楽しげな雰囲気が夏ばて気味のカメラマンを
シャキッとさせます。                     
今日はお嫁さんもおおはしゃぎ!炎天下の中、お友達と
談笑です。その合間を縫ってお嫁さんのかわいい横顔や
新郎さんとの中むつまじいショットを頂戴しました。   
暑さを吹き飛ばすようなお嫁さんの表情がとてもよかったです。
きっと晴れの日に最高のコンディションで臨まれたのでしょう、
天高く投げ上げたブーケが真っ青な空にすいこまれそうに
見えたのは気のせいかな?「元気」な結婚式で「元気」を
頂いた一日でした。                        


   記入 者 松岡俊明 日付 7月 14日


うっとおしい梅雨もあけて、いよいよ夏本番!          
きょうも元気に出動です。今回のお客様はアットホームな   
結婚式、御親族やお友達の暖かい祝福に包まれてお二人の 
表情も幸せいっぱい。お友達との談笑の笑顔も余すところなく
カメラで捕らえます。御披露宴もホテル内のレストランでされた
ので、お二人のみならずお客様の自然な表情など、密度の高い
撮影が出来ました。                           
本当に晴れの日の幸せを分かち合える人だけで挙げる結婚式、
「アットホームウェディング」「ファミリーウェディング」もいいねえ!

ご本人からのお手紙です。ありがとうございました。

松岡 様                                  

先日15日は、遠いところを撮影に来てくださり           
誠にありがとうございました。                      

本日写真のほうを現像・プリントしてきました。            
どれも「ナイスショット」でございました(笑)              

松岡さんが色々とポーズを指示してくださったので、        
自分たちでは撮ることのできない写真がたくさんできました!  
たくさんの中からの1枚を「結婚しましたハガキ」にするつもりです。

本当に思い出に残る写真をたくさん撮っていただき、       
感謝の気持ちでいっぱいです。                    

暑い中、本当にありがとうございました。               
また、何か機会がありましたらよろしくお願いいたします。    

それでは、お礼まで・・・                          

                                     やすこ

   記入 者 松岡俊明 日付 7月 7日

今回のお客様は理想の結婚式を挙げるために、進行から物の手配まで 
全部御自分でなされました。会場も理想のサンクチュアリを求めて、とうとう
彼との思い出の場所に決定なされたのでした。                  
神戸の山の手に広がるラベンダー畑の中でのショット、お客様の夢を叶える
ためにカメラマンも臨戦体制!                           
、、、当日は土砂降りの雨。
見晴らしのいいロケーションも霧のため50m先も見えません。結局楽しみに
していたアウトドア撮影も変更を余儀なくされましたが、だからといってカメラ
マンはお客様のテンションを下げさせたりはいたしません!          
たとえどのような状況でもお客様の御満足頂ける写真を提供するのが   
写楽の真骨頂。一生一度の思い出を丁寧に、そしてお互い楽しんで     
フィルムに刻み込むのです。                             
       
 お友達の暖かい祝福に包まれて・・・  目頭を潤ます「まどか」さん

“お天気だけは変えられない”当然のことですが、今お客様のまわりを
包んでいる状況を把握して効果的に表現すること。これがカメラマンに
は大事なことだと思います。今回撮影した「まどか」さんからは、こんな
お手紙を頂きました。                               

「まどか」さんの手紙
 6/23挙式のまどかです。写真届きました!
予想通り最高!!!でした。全てが珠玉の瞬間です!
やっぱりプロに頼むと違う!って家族で喜んでいました。
雨が降っても霧が出てても最高の一日となりました。
私たちの結婚式のコンセプトが「手作り」だったので、結婚式に関わる
ことはできるだけ友人など知り合いの方に頼もうと思ってたんですが、
カメラとビデオとヘアメイクについては、当日が勝負なのでプロに   
お願いした次第です。本当に良かった。
              

また、ご連絡いたします!じ〜っくり見たいのですが、         
ちょっとおあづけ・・・。
ひとまず、お礼まででした。            

本当にありがとうございました。                      
                                まどか
P・S・ちなみにこの「撮影日誌」は健康食品などの宣伝チラシでは
ありませんョ、ワッハッハッ!
   記入 者 JUNKO 日付 6月 12日

--- なおちゃんからのメール---
 
今回は先月撮影した新婦なおちゃんから届いたメールを紹介します。
--------------------------------------------------------------
フォトスタジオ写楽 様

こんにちは。5月18日に*******ホテルにて
前撮りのスナップをお願いした ***なお です。

5月26日に本番の結婚式も滞りなく終わり、昨日新婚旅行から
戻ったところです。

お礼が遅くなりましたが、日も迫ってからの急なお願いだったにもかかわらず、
丁寧に対応していただき、写真もとてもきれいに撮っていただけていました。
本当にありがとうございました。
本数も前撮りで1、2本 という話だったのにかなり余分に撮っていただいて、
当日では撮れなかったような、素敵な写真がたくさん残って喜んでいます。

 

街路樹の下で彼と手をつないで歩く時に私がドレスを踏んで、
ころびそうになるのを彼が支えているところ、
その後 今度は彼がつまづいてしまったところ、など
写真を撮ってくださっているのを知らなかったので、
その時の楽しそうな表情がすごく自然に写っていて、
友人や家族にも「いい写真だね」って言ってもらえました。

当日、ニ次会だけ参加の友人のためにスナップをアルバムにいれて
持っていったのですが、とても好評だったんですよ!

本当にありがとうございました。

結婚式は友人や周りの方々の盛り上げのおかげで
思い通り、というかそれ以上の最高の一日になりました。

JUNKOさんにもくれぐれもよろしくお伝えください。





   記入 者 MUNEKI 日付 6月 17日

今日もみなさんの結婚式をお祝いするかのようないいお天気でした。
今日の新婦様とは事前にメールのやりとりで打合せを行いました。
これもIT時代のいいところ(?)。少し離れたところにお住まいでも
近くにいるような錯覚になります。

さてさてまずはチャペルで挙式。新婦さんはお父様と腕を組んで入場
する前から涙がポロリ。
披露宴ではまずはウエディングドレスでお出迎え。みなさんをお迎えし
た後、何と新郎・新婦は和装に約5分でクイックチェンジ!さすがに招待
された人達もこれにはびっくり!
  


披露宴はなかなか広い会場で僕は走りまわって新郎・新婦の自然な顔、
キリっとした顔、笑顔などを見逃さずGet。当然新婦の涙もアップでGet!
全ての写真が2人の思い出になるようにと写楽のカメラマンは思ってま
すのでどんな瞬間も見逃せません。

披露宴後はちょっと場所を変えて2人で撮影。恥ずかしくて普段は出来
ないようなポーズも今日なら大OK!

みなさんもこんなポーズの写真をという希望がありましたら遠慮なくどうぞ!


   記入 者 松岡俊明 日付 5月 29日

だんだん蒸し暑くなってきた今日此の頃です。みなさん、調子はど
うですか?                                   
今日のお二人は、努力の人です。                     
今日の良き日の為、参列者をできるだけ沢山お招きするにあたり、
最高の場所で最高のおもてなしをしたいとの御希望で、お二人は
こつこつと倹約し、長い時間をかけて、本日とうとう目的を達成さ
れたのでした。親の援助に頼らない、自分達の力だけで実現した
結婚式、さぞかし充実感を感じられたことでしょう。          
これ!という目的に向かって一心に努力すること、結婚式という最
大のイベントのみならず人生にとって大切なことですね!      
かつて、F1ドライバーの故アイルトン・セナは言いました。「F1ドラ
イバーになるために、何かを犠牲にしてきたかも知れない。」    
同僚や友人のスピーチを聴くに付け、お二人の一途な姿勢がよく
感じられました。                               
   
さまざまな困難を克服してよく頑張った!感動した!おめでと〜!

   記入 者 松岡俊明 日付 5月 14日

太陽がまぶしい、すがすがしい季節となってきました。        
結婚式シーズン真っ盛り!北へ南へ、都心へ郊外へ飛びまわって
います。今日は郊外どころか、えらい山奥のレジャーパークに行っ
てまいりました。そこは宿泊施設も備えている穴場です。      
広い緑の公園の一角にはヨーロピアン調のチャペルまで!    
快晴の今日は晴れのお二人をアウトドアで思う存分「激写」しまし
た。                                       
青い空に抜く新郎新婦、でき上がる写真が二人の心を表現するに
違いありません。「気分は晴れ晴れ!」な〜んてね。         
チャペルより披露宴会場まで広いガーデンを歩くのはウェディング
ドレス姿の花嫁さんにはちょっと辛いかも? でもうれしい限りの
お二人にはそんなことぐらい気にならないかな?           

   記入 者 松岡俊明 日付 5月 7日

 今日はまた一風変わった挙式です。
浪々とした囃子にのって新郎新婦さんが入場しました。
席に着くとお二人を能の舞いが祝福します。古来の伝統を結婚式に
生かした「日本」ならではの粋なセレモニーでした。
お二人も、彼らを見守る御両親も厳かな気分になられたことでしょう。
                   
世界中のみなさんにこの雰囲気を味わっていただきたいなぁ。・・・

   記入 者 松岡俊明 日付 4月 21日

 
お二人さんが挙式場に選んだのは、なんと新婦さんの母校!
女の園に乗りこみました。(土曜日なので誰も居ない・・・)   
学校にもこんなに立派なチャペルがあるんだ。とこぎれいな
キャンパスを見渡しながら感心しました。             
自分の巣立った母校で結婚式なんて、お二人にとっては一生
心に残るセレモニーになることでしょう。              
カメラマンもチャペルの雰囲気、たたずまいを効果的に生かして
お二人を引き立たせました。写真を御覧になるたびに楽しかった
学生時代を思い起こすことでしょう。                
Love is Forever ! 
                 
   記入 者 Junko. N 日付 4月  1日
『気合いいれて 臨む化粧に 身引き締まる』

新郎新婦、以前お会いしたときはナチュラルな感じのお2人でしたが
この日は2人とも、新郎新婦の顔でした。
2人の表情に、「気合い」を感じました。
以前からとても気に入ってくださっていたアルバムでしたのでこちらも
心して撮らせてもらいました。

レンズの中で、2人の信頼の表情を見るとき私も幸せな気分になります



   記入 者 Junko. N 日付 3月 31日
『3人で 作るブライダルアルバム 心ひとつに』

今日は私のお気に入りの大阪駅近くの某ホテル。
形容するなら、ホテルマンの「心使い」「笑顔」「温かみ」それに加えて
美観といったところでしょうか..

ブライダルアルバムは新郎新婦とカメラマン、私はこの3人の信頼関係で
作るものと確信しています。
まだまだブライダルシーズン真っ盛り。今度はどんなお2人にお逢いでき
るかワクワクするこの頃です。


   記入 者 Junko. N 日付 3月 25日




『春雨や 2人の笑顔に 心温まる』

今日は雨。でも新郎新婦の夏のひまわりのようなホットな笑顔で
きっとお客さまたちも幸せをわけてもらえたことでしょう。
披露宴での最高のごちそうは何といっても花嫁の笑顔なんです。
次はあなたの番!最高のごちそうでもてなしてね。

   記入 者 松岡俊明 日付 3月 24日
春風がそよぐ、すがすがしい季節になってきました。 
今日は丘の上のレストラン。                
レストランウェディングのいいところは、アットホームな
雰囲気が醸し出せるというところです。          
披露宴もたけなわになり、みんなの気分も盛り上がっ
てくるとお二人を囲んでワイワイガヤガヤ。        
クライマックスは新婦さんとお姉さんによるピアノ・バイ
オリンの二重奏!新郎さんもお客様も美人姉妹の演奏
にうっとり・・・まるで新婦さんのおうちに招かれたような
感じでした。(アメリカのパーティーみたいや。)     
このミニコンサートも、お二人のアルバムの1ページに
しっかりと刻み込ましていただきます。          



   記入 者 MUNEKI 日付 3月 18日

昨日は1日中雨でしたが、今日は2人をお祝いするかのように快晴。
今日もジャズハウスへ行ってきました。
着いてみると何やらリハーサルを行ってます。どうやら新郎の所属
するコーラスグループみたいです。元バンドマンの私として血がさわ
ぎます。パーティーが始まると入場の音楽まで生演奏。それもプロの
生歌までついています。さすがジャズハウスでパーティーする人は
こだわってますね。出し物では先ほどリハーサルをしてグループが
熱唱!(もちろん新郎も)スタンド・バイ・ミーなど聞かせてくれます。
最後は新婦も加わり素晴らしいハーモニーを聞かせてくれました。
これからもお二人で素晴らしいハーモニーを聞かせて下さい。
お幸せに!

   記入 者 Junko.N 日付 3月 17日

『一着三役のウエディングドレス登場!』

今日のドレスは優れものでしたね。何と七分袖の袖をはずすと
ノースリーブのドレス。またまたノースリーブにはシースルーの
ストールがついてくる。
つまり三通りの着こなしがあっという間に出来てしまうわけです。
これで、披露宴での花嫁の退席時間もショートカット!
写真だって三通りの雰囲気の違うショットを残せるわけです。
宴会中、少しでも長く高砂席に座っていたいあなた、
あなたもこんなドレス捜してみては?



   記入 者 松岡俊明 日付 3月 6日


いよいよ3月ですね〜。大阪城の梅も見たし、春ですね!
ということで有名なジャズハウスに行きました。       
勿論結婚式の撮影です。そこでのライブを見に行っている
ファンの人の為に、彼らの結婚式にその「聖域」を開放して
いるのだそうです。                         
当然披露宴の出し物はお友達からのライブ演奏。     
作られた披露宴とは一味違ったノリノリの雰囲気でした。
そのうち新郎さんまでがステージでギター片手におお暴れ!
「結婚しちまったぜぃ!!」にお客様達は拍手喝さい、お嫁
さんも、うれしいやら恥ずかしいやら・・・          
とにかく「熱く」もりあがった一日でした。          
皆さんも自分の得意分野を発揮できるようなユニークな
披露宴も考えられては如何でしょう?勿論カメラマンは
どこであってもお二人の晴れの舞台を確実にキャッチ
することでしょう。                        

   記入 者 松岡俊明 日付 2月 25日
結婚式は勿論、その日の天候にかかわらず行われるのですが
その天候によってシチュエーションは変わってきます。     
この日も雨がしとしととぱらついていました。お二人が楽しみに
している「ライスシャワー」も中止かな?と思いながら挙式撮影
に臨みました。撮影が終わって表に出てびっくり!あがっている
ではありませんか。路面は濡れてはいましたが「ライスシャワー」
は実現したのでした。お庭に円形の絨毯をしいて、屋外でのス
ナップも完了!いいショットをものに出来ました。お二人、そして
カメラマンにとってもラッキーな1日でした。             
「神様が助けてくれたんだ!」  
日ごろの行いはよくしておかねばなりませんゾ。          
   記入 者 松岡俊明 日付 2月 19日
またまた神戸にやってきました。                 
春を思わせる心地よい天気が北野の街を賑やかにしています。
今日は屋外でのフラワーシャワー。お友達の祝福に包まれて、
お二人も絶好調!海をバックに沢山フィルムに焼き付けました。
山の手から眺める神戸の街はすばらしいロケーション。カメラ
マンもお二人と背景とのアレンジを考えます。皆さんも御存知の
ように神戸は海をバックにすると「逆光」になるんだな〜。    
でも大丈夫!プロの技は悪条件でもものともしません。     
美しい思い出写真をお贈りできることでしょう。           
   記入 者 松岡俊明 日付 2月 11日

色の話し
インターネットでの御注文、ありがとうございます。     
おかげさまで、HP立ち上げてよかったと思っている毎日です。
さて、注文タイプでいう「特別タイプ」についてですが、このタイプ
は挙式当日に現地でフィルムをお客様にお渡しするわけですが
当然、お客様に現像、プリントをしていただく事となりますね。  
その際にお客様に気を付けて頂きたいのは「信頼のできる写真
屋さん」での処理を考えていただきたいという事です。      
星の数ほどある写真屋さんですが、プリントの色の出し方はそれ
ぞれ個性があって当然です。ですからできあがった写真はカメラ
マンが意図したものとは違ったものが出来上がってしまうという
可能性を秘めています。プロのカメラマン及び写真スタジオはいう
までもなく専用の現像所と提携、あるいは自家現像することに
よって均一なクオリティを提供しています。そしてアルバムを商品
とすることによってプロカメラマンの「技」をいかんなく表現する
ことができるのです。                           
撮影は「自然光」「フラッシュ光」あるいは「意図的な逆光」など
さまざまな光線状態がミックスされています。             
そのようなネガから美しいプリントを作るにあたり、いかに技術が
必要かということがお解り頂けると思います。アルバム制作におい
ては効果を増す為に場合によって色調調整もしています。     
ですから皆さんが「特別タイプ」をチョイスされたときには結婚式の
知識の豊富な、経験のある写真屋さんを探しておくことをお勧め
致します。                                   
長々となりましたが「一生に一度のセレモニーを美しく残しましょう」
写楽のお願い、アドバイスです。フィルムをお渡ししてしまえば、もう
こちらの手には負えないのですから・・・                



   記入 者 松岡俊明 日付 2月 4日
今日は本物の教会へ撮影に行きました。       
最近のカップルは「本物志向」の方も多く、ホテルや式場
のチャペルではなく信者によって建てられた教会での
挙式も増えてきました。                     
荘厳な雰囲気の中で行われるキリスト教式。美しいステ
ンドグラスを通して降り注ぐ柔らかい光の中でのセレモ
ニー、静寂な空間に響き渡るパイプオルガンの音色。 
信者でない僕までもがナンだか敬虔な気持ちになるのは
「本物」だからです。                      
皆さんも候補の1つに挙げられては?・・・         
規則などの戒律がありますので教会とよく相談しましょう。
撮影の可否、または注意事項などもよろしく!      


   記入 者 松岡俊明 日付 1月 14日
ことし1番の寒波が襲来するという今日も撮影しました。
外で撮るとやはり表情もこわばってしまい、花嫁さんの
唇も紫色になっていました。でも大丈夫!         
笑わせ上手のカメラマンが、緊張の解きほぐれた一瞬の
表情を見逃しはしません。                   
寒くても、暑くても、お客様にお届けする写真はいつもの
スマイル、自然な表情のあなたが写っているのです。  



   記入 者 松岡俊明 日付 1月 8日
今日は写楽の初仕事。                    
時雨降りしきるホテルへ入りました。           
新郎さん、新婦さん、それに御兄弟の方も明るい方々
だったのでアットホームな感じで撮影できました。   
介添えさんの粋な計らいで、雨がやんだ一瞬の隙に 
外のガーデンで撮影することにも成功しました。    
お二人の周りをサポートするスタッフの「チームワーク」
 の結果です。                           
  きっと素敵な写真ができあがることでしょう・・・       
                         おしあわせに。
   記入 者 松岡俊明 日付 1月 4日
みなさん、あけましておめでとうございます。
ことしも最高の技術を駆使して皆様に愛される
写真を創っていきたい所存ですので、どうぞ  
宜しくお願い致します。               

   記入 者 松岡俊明 日付 12月 17日

 今日はあいにくの雨。
でもホテルのロビーはクリスマスツリーなどの装飾で飾られて
賑やかでした。結婚式もクリスマス気分!
今日の花嫁さんは斬新な和装でした。こんな衣装もあるんだな
と感心した次第です。ピンクを基調にした白無垢?でしたが、
素材が軽そうで和装でありながらとってもソフトな印象を受け
ました。また、ヘアーも鬘ではなく自毛をかわいくアレンジして
「伝統」を尊重しながらの「革新」もまた良いもんだなと思いました。
「ゼクシィ」などでも載っているとは思いますが、衣装で迷っている
花嫁さんは御一考してみては?

   記入 者 高市千絵 日付 11月 20日
                                             
   昨日の雨が嘘のような晴天。こういう日は気分も晴れ晴れで
撮影に向かいました。                         
 この日の新郎新婦はとても穏やかなカップル。それでいて新婦
  はカナダに留学の経験がおありとかでロビーで外人サンからの 
祝福の声にもスマートに対応。カッコイイ!            
  実はこの日、とても嬉しいことがありました。披露宴のお開きの 
  時でした。来賓のお客様のお一人から1枚のポラロイド写真を  
頂きました。そこにはなんと、カメラ片手に悪戦苦闘中の私の
姿が!写真の下には“596さんま(魚の絵が・・・)”とメッセー
ジが!!!                                    
その写真は「一期一会」の記念として、家のテレビの上に大切
に飾ってあります。                            


記入 者 Junko.N 日付 11月 11日


             ここ2,3年で急増しているのが人前式での挙式。式の間だけ
            友人の一人が司会を努めたり、リングガールになったり、ある時
            は新郎が花束を持って入場し、待機している花嫁に手渡すなど、
            自分達で趣向を凝らした物が多い。
            人前式の本番は15分もあれば終わってしまうものが殆どだが、
            そのリハーサル風景などわきあいあいとしていて楽しい。
            私もこの時の友人達の「素」の表情を撮ることにしている。

記入 者 Junko.N 日付 11月 3日
今日は「ガーデンチャペル」での挙式。          
天気は一応晴れてはいるものの少し強い風が吹いている。
花嫁サンからの要望で挙式前にガーデンで数カット、二人の
ショットを撮る。 たなびく花嫁のベール・・・           
『大丈夫。僕がこうして押さえておいてあげるょ。』       
新郎の温かい手が花嫁の背中でそうささやいている。    
見つめ合う二人・・・                          
強風でも “愛は強し” なのだ。                  

記入 者 松岡俊明 日付 10月22日
今日はウォーターフロントのホテルに行きました。
久しぶりで天気は上々、やっぱり天気が良いと  
気分までウキウキするね!今日も気合を入れて 
のりこみました。終わってみれば手応えもGood!
 なにしろ新郎新婦サンの笑顔がすごくよかったから。
     いつでもファインダーの中で「会心の笑み」を下さいました。
きっと心に残る素敵なアルバムが作れるでしょう。
皆さんもいろいろ準備とかで疲れもピークに達して
いるとは思いますが、当日は「笑顔でいこう!」 
カメラマンのテクニック以上に「表情」は重要な  
ファクターです。                      
お二人の自然な笑顔がシャッターチャンスをひろげ
きっとすばらしい写真やアルバム、ビデオなどが  
贈られる事でしょう。                    
  

記入 者 松岡俊明 日付 10月21日

今日は関空のホテルに行きました。どんな季節でもホテル、宴会場での
撮影は暑い!新郎、新婦サンを一生懸命撮影しているとボクも燃えてきて
のどの渇きを覚えます。普段は撮影するものが沢山あるので披露宴のお開きまで
飲まず喰わずで没頭します。ところが今回は披露宴の最中にホテルのスタッフから
一杯の飲み物を御馳走になりました。砂漠にオアシスとはこのことです!
一気に生き返ったボクは元気一杯に撮影に臨んだのでした。ホテルの粋な
はからいに感謝した一日でした・・・

記入者 松岡俊明 日付 10月 14日

先日は京都のホテルに行ってきました。                 
仲むつまじいお二人だったのですが新郎サンが体調不良!    
頑張って撮影には応じてくれたのですが、撮影直後にはかなり  
お疲れの様子でした。                           
何でも新郎サンはバリバリの商社マンということで前日までお仕事
に従事していたのでした。なのにこちらの演出要求にも快く応えて
くださった新郎サンには、すごく感謝しています。           
御結婚される皆さんも、たいがい当日までお仕事や準備などで
  過酷な数日間、数週間を迎えることとなりますが、くれぐれも      
コンディションの維持に努めましょう!                  
楽しい結婚式の実現を応援しています。 気合だぁ〜!       

記入者 松岡俊明 日付 10月 2日
  
最近の披露宴はいろいろな演出で御招待したお客様を楽しませて
くれます。カメラマンもその楽しいひとときを余すところなく激写しよう
とするのですが、いかんせん、会場が暗くなったり新郎さん、新婦さん
が見えなくなったりと、カメラマン泣かせの状況になることが多いん
だな、これが・・・!!!                           
先日はキャンドルサービスの時にお客様に「3Dメガネ」なるものを
配布して、お二人が点火したろうそくの炎をそのメガネをかけて眺める
となんとまあ!きれいなこと!この模様はカメラのレンズに3Dメガネを
かぶせて撮っているのでとりあえずごらんあれ↓             
何か楽しい演出をお考えのあなた!一度ご検討なさっては如何かな?

 

記入者 三崎敬一 日付 9月10日

結婚式の撮影をしていますと撮影している私自身も胸にグッと熱い
ものが込み上げてくることがよくあるんですが、今日は特に感動して
しまいました。披露宴もクライマックス、新婦さんが男手ひとつで今日
まで育ててくれたお父さんに感謝の手紙を読むシーン・・・・お母さんが
亡くなって、大好きなお酒を完全に絶ったお父さん、父の気持ちも分
からずに反抗して困らせた中学時代・・・そして最後に
「○○さん(新郎さん)はお父さんにとてもよく似た人です。だからお父さん
安心して下さい。私は幸せになります。どんなことも乗り越えていきます
だって私は強くてまっすぐな大好きな大好きなお父さんの娘ですから。」
涙に声を震わせながら新婦さんが読んだ手紙に、会場に居られた
ほとんどの人が目を潤ませていました。いやあ感動しました。

記入者 田中正勝 日付 9月3日

今日撮影した新郎さんはほんとに幸せそうだった。
新婦さんとお二人でポーズをとってのカット、カメラを向けると新郎さんは
もう照れて照れてニヤニヤニコニコ、うれしくてうれしくてたまらないって
感じだった。そんな新郎さんに新婦さんがやさしく微笑みかけたその一瞬
を捕らえたワンショット、良いのがとれたと思う。僕が撮ったこのワンショット
お二人の幸せな新居でいつまでもいつまでも大事にしてくれたらうれしいな。

           

               mail@sharakunet.com

            有限会社 フォトスタジオ写楽
              〒540-0022 大阪市中央区糸屋町2-3-19 
                ライオンズマンション大手前第5-202

            Phone/Fax 06-6966-4086